胸元にできる吹き出物ってやつ!夏だからこそスキンケアを強化

THE 男磨き!事務局   2016年8月31日   胸元にできる吹き出物ってやつ!夏だからこそスキンケアを強化 はコメントを受け付けていません。

胸元にできる吹き出物ってやつ!夏だからこそスキンケアを強化

なにかと人目が気になる胸元。とくに夏時期になると軽装になり露出が増えるため、吹き出物や湿疹などで荒れている場合気になってしまいますよね。

今回は、胸元に吹き出物ができる原因と肌荒れ対策について紹介します。

胸元に吹き出物ができる原因

そもそも胸元に吹き出物ができる原因って何なのでしょうか?下記では吹き出物ができる原因を紹介します。

原因1. 汗と一緒に多くの皮脂が分泌されるから

汗をかくと当然ながら皮脂も一緒に分泌されます。しかし汗は熱で蒸発しても、過剰に分泌された皮脂は肌に残ります。皮脂が毛穴にいるアクネ菌とくっつくことで、吹き出物という症状を起こすと言われています。

とくに夏時期は汗をかきやすいため皮脂が過剰分泌されがち。そのためしっかりと対策をとらなければ、吹き出物は出やすくなると言えるでしょう。

原因2. 暑さで免疫力が低下するから

とくに夏場など暑い時期は、冷房による「自律神経の乱れ」、暑くて寝付けなく「睡眠不足」、食欲がわかず「栄養不足」といった状況に陥り、免疫力が低下しやすい傾向に。免疫力が低下すると、本来肌が備えているバリア機能がうまく働かなくなり、保湿力の低下・過剰な皮脂分泌へと繋がります。

加えてリンパ球などの活動機能も低下させるため、吹き出物の原因であるアクネ菌を増殖させてしまうのです。

原因3. 毛穴詰まり

夏場では日焼け止めや、汗を拭きとるパウダーシートなどをいつもより多く使うことでしょう。とくに男性の場合、クレンジングを使うといった機会が少ないため、

胸元につけた日焼け止め・パウダーシートの成分を落としきれていません。しっかりと落とし切れていないことが、毛穴を詰まらせる原因となるのです。

胸元にできる吹き出物の対策として

胸元に吹き出物ができる原因については、上記でおわかりになったかと思います。続いて、何をどうすれば対策となるのかも見ておきましょう。

対策1. こまめに汗をふく

皮脂の分泌を増やさないために、適時汗を拭くことは大事。この汗を拭くときのポイントが1つ。それは、汗は擦るように力を入れて拭き取らず、摩擦がおきないよう汗をおさえて吸い取ること

対策2. クレンジングを使う

日焼け止めやパウダーシートを使っている人は、肌に付いた成分をボディーソープだけで落としきれない可能性があるため、クレンジングを使いましょう。

女性の場合は普段メイクを落としているクレンジングで、男性の場合は市販で売られているクレンジングオイルを使って胸元を洗いましょう。先ほども説明したように、擦るようにゴシゴシ洗うのはNG。優しく洗うよう心がけましょう。

対策3. ニキビ用のスキンケアを胸元にも使う

胸元の吹き出物対策として、顔に使用する用のスキンケアを胸元にも使って手入れをしておきましょう。皮脂コントロールをしてくれる「ビタミンC誘導体」、殺菌成分である「サリチル酸」成分が含まれているスキンケア商品を選ぶことをオススメします。

対策4. 保湿効果の高い入浴剤を使う

夏はひんやりするクールタイプの入浴剤を使いがちですが、吹き出物ができてしまう原因の1つとして肌の乾燥・バリア機能の低下があります。そのため、夏でも保湿効果のある入浴剤を選ぶことをオススメします。

また入浴後は、皮脂が落ち水分が蒸発しやすく乾燥しがちとなっているため、できるだけ早くスキンケアを行うようにしましょう。

まとめ

胸元に吹き出物ができる原因と、対策についてここまでで説明してきました。毎年。夏時期となると男性・女性問わず悩む人が多くなるのが胸元の肌荒れです。とくに、汗をふくときの力加減、入浴後のスキンケアの徹底を意識しましょう。