「睡眠・食事・運動」による内側ケアで、大人ニキビとバイバイ!

THE 男磨き!事務局   2016年8月5日   「睡眠・食事・運動」による内側ケアで、大人ニキビとバイバイ! はコメントを受け付けていません。

「睡眠・食事・運動」による内側ケアで、大人ニキビとバイバイ!

食生活や、寝不足による生活習慣の乱れ、日ごろのストレスなどが原因で表れる大人ニキビは、カラダが不調を訴えているサインとも言われています。スキンケアで一時的にニキビを治すことはできたとしても、体質を根本的に変えないと、大人ニキビは繰り返しできてしまうもの。

そのためニキビケアは、スキンケアだけでなく生活習慣・食生活などの見直しを行い、カラダの内側からもケアが必要となります。今回は、カラダの内側からケアをするための「睡眠・食事・運動」について紹介します。内側ケアをすることで、大人ニキビとバイバイすることを目指しましょう。

【睡眠編】しっかり寝ることでターンオーバーを促進

生活習慣のなかで最も注意をして見直しをしたいのが「睡眠」です。理由は、健康な肌を作るためのメカニズムであるターンオーバーが睡眠中に行われるから。ターンオーバーは一般的に28日周期で、古い角質を剥がし、新しい細胞と入れ替わると言われているが、睡眠がしっかりとれず周期が乱れると40日以上かかる場合も。

ターンオーバーが乱れると、皮脂の過剰分泌・毛穴の角質詰まり・肌のくすみといった症状がでます。中でも、皮脂の過剰分泌・毛穴の角質詰まりはニキビを作る大きな原因となるため、睡眠不足を解消することで、問題を解決していきましょう。

量より質の睡眠を意識

肌のターンオーバーは約6時間をかけて行われていると言われています。そのため、しっかりとターンオーバーを促すためにも6時間以上の睡眠時間を確保するのが理想的です。

とはいえ、仕事の関係上「睡眠時間」を十分確保できないといった場合はありますよね。そのような場合は、眠りはじめの2~3時間の睡眠の質を高めカラダが成長ホルモンを分泌、ターンオーバーに集中できる環境を整えましょう。

◆睡眠前は携帯やパソコンを見ない
◆就寝2時間前までに食事を済ませる
◆就寝1時間前までに入浴を済ませる

など、簡単なことで意外と睡眠の質は高まります。眠りにつく前から肝機能や神経を休ませてあげることで、成長ホルモンの分泌・ターンオーバーがスムーズに行えるようになりますよ。

【食生活編】味が濃いものには要注意

睡眠に続いて見直しをすべきなのが、「食事」です。主に皮脂と糖質を多く摂り過ぎてしまうと、ニキビができやすい体内環境を作り出してしまうため注意が必要です。

脂質を多く摂ると血液中の油分が増加し、皮脂が過剰分泌。さらに糖質を摂り過ぎると、成分を分解するために大量のビタミンやミネラルといった栄養素を使い、皮脂の調整・肌の再生ができなくなる。このようになると、毛穴詰まりと皮脂が原因でニキビができてしまいます。

コンビニ弁当、カップ麺、ジャンクフード、ケーキなど味が濃いものにはとくに脂質・糖質が含まれニキビの原因に。外食はできるだけ和食にしたり、甘いものは一口だけにするといったコントロールでうまく、脂質・糖質の摂取量をおさえましょう。

ビタミン・ミネラル・食物繊維でニキビ予防をしよう

ニキビ予防として積極的に摂取したい栄養素は、「ビタミン・ミネラル・食物繊維」で下記のような効果が得られます。

◆ビタミン:ターンオーバー促進、コラーゲン生成
◆ミネラル:ホルモンバランスの調整、新陳代謝を促進
◆食物繊維:便秘解消

これらの栄養素はどのような食材に含まれているのでしょうか。

栄養成分 主な食材
ビタミンA にんじん、かぼちゃ、うなぎなど
ビタミンB群 大豆製品、乳製品、たまごなど
ビタミンC レモン、イチゴ、キウイなど
ビタミンE ゴマ類、ナッツ類など
ミネラル 魚介類、チーズなど
食物繊維 納豆、オクラ、さつまいもなど

いきなり食生活を変えるというのは難しいですか、意識をしておくことで、徐々に取り入れていきましょう。

【運動編】定期的に体を動かすことでストレス発散を

忙しくて時間がない、3日坊主といった理由で運動を定期的に続けられない方は多いと思います。しかし運動不足は新陳代謝の低下など、肌にとって悪影響を及ぼします。運動不足を解消することにより、

・自律神経の調整
・成長ホルモンの分泌を促す
・血行促進により栄養素をカラダの隅々まで送る
・毛穴の汚れを汗と一緒に排泄する

など、ニキビ予防にたくさんの効果をもたらしてくれます。とくに大人ニキビの場合、ホルモンバランスの乱れが大きく関係します。ホルモンバランスはストレスにより乱れやすいため、定期的に運動を行いストレスの発散を行いましょう。

カラダを動かすなら「有酸素運動」がおすすめ

代表的な有酸素運動と言えば、「ウォーキングやランニング、エアロバイク」があげられます。有酸素運動は汗を排泄、成長ホルモンを促し睡眠の質を高めるといった効果があります。無理なくできる範囲で運動を継続させていきましょう。

まとめ

ここまでの説明で、「睡眠・食事・運動」が大人ニキビを改善するために大きく関わっているということはご理解いただけたでしょうか?1度ニキビができてしまうと治りづらく、少しこすっただけでも症状がひどくなるため、とても厄介。

今回の内容を取り入れ、カラダの内側からキレイを目指していきましょう。