これを知っておけば安心!クーリングオフ制度の適応条件

THE 男磨き!事務局   2016年8月26日   これを知っておけば安心!クーリングオフ制度の適応条件 はコメントを受け付けていません。

これを知っておけば安心!クーリングオフ制度の適応条件

これからメンズエステに通ってみようかと考えている人に、絶対知っておいてほしいのが「クーリングオフ制度」です。みなさんは「クーリングオフ制度」についてご存知でしょうか?実はクーリングオフという名称は聞いたことがあっても、具体的な内容についてあまり知らないという人は多くいません。

もしものときを考えて、こちらで「クーリングオフ制度」についてしっかりとおさえておきましょう。

そもそもクーリングオフって?

メンズエステを例に、クリーニングオフとはそもそも何かを説明します。クーリングオフとは、1度はコース契約をしてしまったけれども、冷静になって考えた結果、自分にとって必要ないと思った場合、一定期間内であればしょうひしゃ契約者が無条件で契約を解除できる制度のことをさします。

契約解除ができるから、高額商品・コースを契約するさいも安心できる

たとえばメンズエステへお試し体験に出かけた際、カウンセリングでつい高額商品・コースを購入してしまった、スタッフの迫力におされて仕方なく契約をしてしまった。

このような場合、「後で悔んでもなにもかも何もかも遅い」と諦めて料金を支払う人がいますが、一定期間の期間内・条件を満たしていれば、クーリングオフ制度を利用することができます。下記で、クーリングオフ制度の条件等についておさえておきましょう。

クーリングオフ制度の条件はコレ!【要確認】

前述での通り、エステサロンでクーリングオフ制度を利用するには、一定の条件が必要となります。条件を満たしていない場合は、クーリングオフ制度が利用できなくなるため要注意!

まずエステティックサロンの場合、

■「契約金額が5万円を超え」かつ、
■「契約期間が1ヶ月を超えるもの」であるというあることが条件。

そして、法定の契約書面が交付されてから「8日以内」がクーリングオフ制度が適用される期間です。 クーリングオフが成立した場合、たとえコース契約を行った場合でも契約をしていなかった状態となります。

制度の効果は、支払った代金の全額保証!

クーリングオフ制度が無事に適用されると、すでに支払った代金が全額返金されます。合わせて、クーリングオフ制度を使うことにより、損害賠償や違約金の支払い義務が発生することはないので覚えておきましょう。

なかには、クーリングオフによる中途解約の違約金などを請求するエステ業者もいますが、原則支払い義務はありません。あまりにも請求をされる場合には、関係機関に相談をされることをオススメします。

化粧品・サプリメントといった商品を受け取っている場合も安心

また契約解除の他にも、化粧品やサプリメントといった商品を受け取っている場合、店側の負担で商品を引き取ってもらうことも可能に。ただし、自分の意思で受け取っている商品の開封、使用をしてしまったものは原則的に不可となるため、注意しましょう。

書面手続きが鉄則

最後にクーリングオフ制度を利用する際の説明です。エステサロンでクーリングオフ制度を利用する場合は、必ず「書面での手続き」が必要となります。電話や口頭、メールなどでの契約解除は不可。

書面手続きが面倒くさいなと思っても、書面や社印をとっておくことで、後にトラブルが起こった際にもスムーズに解決できることが多くなります。クーリングオフをする場合、契約をされた店舗へ足を運び、クーリングオフをする旨を伝え書面手続きを行いましょう。

まとめ

クーリングオフ制度を利用するために、低限知っておくべき内容を紹介してきました。参考となりましたでしょうか?慎重に検討をしたとしても、いざ高額なお金を支払うとなれば気が変わることはあります。

もしものときのために、今回のクーリングオフ制度が利用できる条件についてはしっかりとおさえておきましょう。