セルライトができる原因と、撃退するためのマッサージ手順【部位別】

THE 男磨き!事務局   2016年8月20日   セルライトができる原因と、撃退するためのマッサージ手順【部位別】 はコメントを受け付けていません。

セルライトができる原因と、撃退するためのマッサージ手順【部位別】

「セルライト」と聞くと、女性が悩んでいるといったイメージがあるかもしれないですが、男性も気をつけておかないとセルライトができてしまうから大変。しかもセルライトは見た目が悪く、1度できてしまうとなかなか落とすことができない厄介もの。

今回は、セルライトができてしまう原因と、撃退法について紹介します。キレイなスタイルを目指すためにも、こちらでしっかりとおさえておきましょう。

セルライトとは、脂肪と老廃物の塊

冒頭からセルライトと言葉が出てきましたが、そもそもセルライトとは何かについてこちらでおさえておきましょう。セルライトとは「脂肪」と「老廃物」の塊で、お尻や太もも裏・二の腕にできやすく、肌が脂でボコボコなる現象を言います。1度セルライトができてしまうと落とすことが難しく、体質もどんどん痩せにくく太りやすくなってしまいます。

セルライトができる原因って?

そんな落としにくくて、太りやすい体質となってしまうセルライトができる原因は何なのでしょうか。下記で一般的に言われている原因について紹介します。

原因1. 運動不足

運動不足となると、筋肉量が落ちることで基礎代謝が大きく下がります。基礎代謝が下がることで、消費しきれなかった分のカロリーが脂肪へと変わり、結果としてセルライトができる原因として繋がっていきます。脂肪・セルライトを作らないために、ある程度の筋肉量を維持し、基礎代謝を上げることで脂肪を燃焼させていく必要があります。

原因2. 食生活の乱れ

揚げ物やケーキ類など、脂っこい・糖分たっぷりの食事を摂り過ぎていると、体内に溜まる脂肪分が多いためセルライトができやすくなります。また、コンビニの弁当など添加物や保存料が多く使われている食品はふとりやすく脂肪を蓄積しやすいため、控えることをオススメします。

原因3 ストレス

ストレスが溜まると、アドレナリンなどが分泌され血管を収縮。血管が狭くなることにより、血流が悪くなり老廃物が排泄できなくなってしまいます。またストレスが溜まるほど、体内では多くの栄養素が消耗されカラダの隅々まで運搬することができなくなってしまいます。脂肪などの老廃物は溜まる一方で、脂肪燃焼などに使われる栄養素は届けられないためセルライトができやすくなります。

セルライトを解消するためのマッサージ方法【部位別】

ここまでで、セルライトは絶対につけたくないと言うことがわかりました。そして、セルライトをつけないために、運動をしっかり行い、1日3食しっかりと栄養バランスを考え摂ることが大切だということがわかると思います。では、すでにできてしまったセルライトはどうすれば解消できるのでしょう?下記で部位別にわけて紹介します。

部位:「お腹」

手順1:おへそ周辺を、大きな円を描く感じで優しくさする

手順2:胸の下からヘソの下までさすり、手順1と2を何度か繰り返す

手順3:お腹が温まってきたら、セルライトをつぶすイメージで肉を全体的につまみます(縦に)

手順4:最後はお腹全体を軽く叩いて終わりです

部位:「太もも裏」

手順1:両手で太もも全体を握るようなイメージで大きく掴んでください。触っている部分が柔らかくなるまで、膝上足首まで何回かさすりリンパを流す

手順2:温かくなってきたら、手順1のときよりも強く太もも全体を握ってください。太ももを握ったら手首をひねり、つねるような感覚でセルライトを潰していきましょう

手順3:最後は太もも絶対を叩いて終わりとなります

部位:「お尻」

手順1:太もも裏とお尻の間を指でつまみ、ゆっくりと引っ張り上げ何回か繰り返しましょう

手順2:手順1を何度か繰り返したら、お尻全体を両手で持ち上げるイメージで押し上げてください

手順3:最後はお尻全体を叩いて終了となります

まとめ

セルライトができる原因と、部分別に撃退をするためのマッサージ手順を部分別に紹介してきました。冒頭からの説明のように、セルライトは見た目が悪く、1度ついてしまうとなかなか落とすことができません。

紹介した自分で行うマッサージ以外にも、メンズエステでセルライトの撃退だけに的を絞ったコースなどがお試しで受けられます。セルライトに危機感を感じられている方は、1度お試し体験を受けてみてはいかがでしょうか?